楽天モバイルの転送機能の設定

iPhone

どうもです。

iPhone6Plusから XS Maxに機種変更して、快適です。

楽天で購入したケースと、iRingもいい感じです。

お安いケースでしたが、電源スイッチと、音量スイッチのところが、プラスチックでカバーされていて、ちょっと高級感です。(マナースイッチは、ケースが切りかかれて穴になっています)

初期設定してから、留守番電話の設定をすることにしました。

iPhoneの場合、通常は、有料のオプションサービスに申し込まないと、留守番電話サービスが使えません。楽天モバイルの場合も、月額300円の留守番電話サービスがあります。

この頃は、それほど、留守番電話にメッセージが入ることも無いので、月300円でサービスを利用するのは、もったいないのですが、無料だったら、留守番電話が使えたら、便利です。

今までも、使っていたのですが、無料の転送サービスを使って、無料のIP電話サービス(FUSION IP-Phone SMART)の留守番電話機能を利用して、留守番電話を使うことにします。

とは言っても、今までも、年2回くらいしか、伝言入っていたことないんです。

それでは、設定の手順だけ、説明しますね。詳細な内容は、Google先生に聞いてもらうといいと思います。

楽天モバイルの転送サービスの申し込み

まず、転送サービスを申し込みます。利用料は無料(転送時の通信料は別途かかります)

楽天モバイルのメンバーズステーションのページから、音声付加サービスのメニューを選んで、転送サービスを申し込みます。

で、すぐ使えるのかと思ったら、登録されるに1~2日かかるので、少し待ちます。
特に、メール連絡は無かったので、メンバーズステーションの音声付加サービスのページを何度か見て、2日後位に「契約中」になって使えることがわかりました。

FUSION IP-Phone SMARTの申し込み

パソコンを使って、こちらの無料で使えるIP電話サービスに申し込みます(クレジットカード登録必要です)。

スマホの通話料をトコトン安くする | SMARTalk
スマホの通話料を60%安くするIP電話サービス「SMARTalk!」ご利用中のスマホで050の電話番号が利用可能。月額基本料0円!

長期間使用実績がないと、自動解約になるようです。自動解約前にメール連絡があるようなので、そのときは、自宅か、家族等に電話しようと思います。

(今回は、既に申し込み済みでしたので、この手順はパスでした)

FUSION IP-Phone SMARTでの留守電の設定

加入出来たら、パソコンからマイページで留守電の設定をします。

こちらのブログも参考になります。この後、iPhoneの設定も参考にさせてもらいました。

【裏技】ドコモのiPhoneで留守番電話を無料で使う方法。IP-Phone SMARTを活用した留守電環境構手順 | アナザーディメンション
docomo版iPhoneで留守番電話を無料で使う方法を紹介します。「転送でんわ」サービスとIP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」を使います。

留守電に入ったメッセージは、メールでiPhoneに送られるようにすると、便利です。

ただし、再生時はスピーカーから音が出るので、再生音量には注意が必要です。

(今回は、既に設定済みでしたので、この手順はパスでした)

iPhoneでの転送設定

こちらの楽天モバイルの転送設定の説明ページを参考に設定します。

楽天モバイル: 転送電話サービスの設定方法(ドコモ回線)
楽天モバイルのオプション「転送電話サービス」の設定方法をご案内します。

ちょっと、つまずいた所

①「1429」「3」で転送電話番号(IP-Phone SMARTの050の番号)の設定
②「1429」「1」で呼び出し秒数設定。20秒にしました。
③「1429」「2」でガイダンスの有無を設定。「0」無しにしました。

ここで、もう転送が使えると思って、テストしてみたら使えません。説明書はよく読まないといけませんね。

「1421」「1」で転送サービス開始の設定をする。

で使えるようになりました。この辺の手順も、先ほどのブログ「アナザーディメンション」が分かりやすいです。

iPhone用アプリ「SMARTalk」インストール

設定等はパソコンでするので、留守電だけなら必要ないのですが、050番号での発信も出来るので、アプリをインストールしておきます。とは言っても、前の機種でインストールされていたので、復元されていました。

まとめ

IP電話サービスを利用して、留守番電話を使えるようになりました。

それほど、使わないかもしれませんが、あれば便利ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました