ウッドデッキの修理

DIY

どうもです。

15年前くらいにウッドデッキを作ったのですが、先日、床板が1枚ボソっと取れてしまったので、修理しました。

ウッドデッキを作った時の様子

2001年4月から9月までの休みを使って作りました。

その当時は、ウッドデッキのDIYが始まりだしたころで、あまり情報が無かったのですが、ニフティのウッドデッキフォーラムというのがあって、参考にしていました。

ニフティのフォーラムがだいぶ前に廃止されて、今は、「ウッドデッキビルダー会」になっています。

new手作りウッドデッキを支援する「日本ウッドデッキビルダー会」

当時は、この本を参考にしました。

丸岡将晃著「ウッドデッキを作る」
(この後、新版が2004年に発行されています)

 

で、訳も分からず、本を参考に作りました。ダイジェストでご覧ください。

材木(2×4材、2×6材)を100本購入しました。

で、色を塗って

基礎(コンクリート平板)を置いて

柱や、梁を組み立てて、

床を貼って

完成です。

最初に100本の材木が届いたときには、どうなるか、心配でしたが、なんとか、形になって良かったです。

今までの床板の修理

で、作ってから、15年以上になるのですが、床板が傷んで取れてしまったので交換することにしました。

材料は、ウエスタンレッドシダー(WRC)を使っています。

ウエスタンレッドシダーは耐久性が高いとのことですが、床の部分のように、やはり雨にあたる部分は傷んできます。反りや、ひび割れが出ます。そうすると、水が溜まって余計に傷むのだと思います

実は、作ってから10年目に、全部の床板を剥がして、裏返しにしています。(というのも、家の外壁の塗装をするために、足場を組む際、ウッドデッキが邪魔という事で、床板を剥がさないといけなくなったためです)

で、裏側の直射日光に当たらない部分が表になって、きれいになりましたが、15年たって、床の端に足をかけたら、1枚メリっと剥がれてしまいました。

交換する床板の材質は、どうする?

ウッドデッキを作った時に、ウエスタンレッドシダーは、「木工ランド」で購入しました。

ウッドデッキ用木材の専門店木工ランド
ウッドデッキ用木材の専門店木工ランド。施工例や初めてのデッキ依頼も安心してお任せいただけるよう、図面や材料リスト等を即時用意いたします!お客様の理想のウッドデッキ製作をお手伝いしますのでお気軽にご相談ください。

で、破損した部分1枚(2×6材で長さ900mm位)を購入しようと思ったら、商品700円に対して送料2000円になっちゃいます。何本も買えば、送料無料になるのですが、今回は、1本だけなので、木工ランドでの購入はあきらめました。

しょうがないので、家に残っている材木を探したら、丁度合うSPF材が1本あったので、それを使うことにしました。本来、室内用に使うSPF材の為、耐久性は期待できませんが、この際しょうがないでしょう。

新しい床板の取付

まず、塗装をします。キシラデコールを使っています。

そして、取り付けました。

 

床板は、デッキコネクタという金具を使って固定してありますが、補修する際にはうまく固定できないので、木ねじ(コースレッド)を使って固定しました。

参考(デッキコネクタ)

デッキコネクター | 株式会社ティ・カトウ
株式会社ティ・カトウの製品をご紹介いたします。デッキコネクターはベランダや木製デッキ材を敷く時に釘の代わりに使えます。

 

まとめ

ウッドデッキを作って、15年以上(17年くらい)経ちますが、そろそろ、床板の貼替が必要かな?とも思っています。

それでも、交換の手間や、外した床板の処分をどうするか考えると、使えるうちは、塗装と、部分補修で何とかしたいと思っています。

 

 

DIY
スポンサーリンク
OBOEGAKI
タイトルとURLをコピーしました